チントレ

Image Replacement

チントレと仮性包茎の密接な関係

よくチントレで仮性包茎が悪化しませんか?という質問を目にします。


Q.元々仮性包茎なのですが、チントレでさらに皮が伸びてきた気がしますが、対処法はありますか?

A.エクササイズでは「ミルキング」という、包皮の上や包皮自体をスライドさせる方法を多用するので、どうしても「包皮が伸びやすい」という宿命があるのは確かです。

チントレ法を実践している方からの質問で非常に多いのが、チントレを開始してから、どうも包皮が伸びて仮性包茎が悪化したように思いますという疑問を多く見かけます。元々日本人の7割は仮性包茎だと言われていますから、手を使ってペニスを前後にしごき成長させるチントレでは、包皮が伸びてしまう症状が発生するようです。

では、仮性包茎の方がチントレをするうえで、包皮が伸びづらくなるトレーニング法をいくつかご紹介させていただきます。


まずチントレのなかで包皮がまったく伸びない方法は、長さトレーニングの際にやる「湯船ストレッチ」くらいしか無いかもしれません。包皮はペニスの組織の中で一番伸びやすい部分ですから、最初は皮が伸びます。ただ正しいトレーニングでペニス本体の成長が追いつけば包茎は軽減される筈です。結果的にはチントレで「仮性包茎が完全に治った!」という人も多いことも事実ですから。 しかし残念ながら、100%の人に当てはまるわけではなく、包皮の伸びにペニス本体の成長が追いつかず、悪化してしまう人がいるのも事実です。


包皮の伸びを完全になくす事はチントレの特性上、不可能ですができるだけ包皮を伸ばさないようにする方法はいくつかあります。
★潤滑剤を多めに塗ってできるだけペニスの表面の滑りを良くする
★包皮をできるだけ根元側にたぐり寄せてから亀頭側にミルキングする
★亀頭増大トレーニングで、カリの部分に包皮が引っ掛かるようにする

ポイントは、できるだけ潤滑剤をたっぷり塗ることでペニス表面のすべりを良くし、トレーニング時は、あらかじめ包皮をたぐり寄せてチントレを行なうことで、包皮の伸びはかなり軽減される筈です。また、包茎気味の方は亀頭が小さい傾向があるので、亀頭増大トレーニングで亀頭を増大させる事で、カリの部分に包皮が引っかかり、包茎になるのを防止できることがあります。亀頭は、できるだけ露出させた方が成長しやすいので、亀頭エクササイズを行なった後は、包茎矯正グッズなどを利用してできるだけ亀頭を常時露出させておく方法も仮性包茎が悪化しないポイントになるかと思います。

チントレ仮性包茎

チントレエクササイズ